みらい予想図のビジョン
笑顔でともに支え合える社会を創る

みらい予想図は地域社会で重症心身障がい児、医療的ケア児、その家族を支える仕組みを創るために発足しました。

医療の進歩とともに幼い命が助かるようになりました。
しかし、その命のケアにまだ社会が追いついていません。

重症心身障がい児、医療的ケア児(以下、「重症児」と言う。)の子育ては想像をはるかに超えるものです。
介護にあたる家族は休む時間はおろか寝る時間もありません。
心身ともに疲れた中で人とのつながりや相談できる場所もないまま
地域から孤立し、家族が追い込まれてしまうケースは決して少なくありません。

重症児も親もそのきょうだいも、家族みんなが笑顔で当たり前の生活を送れるようにしたい。
そのために、みらい予想図は地域全体で重症児とその家族を支えられる仕組みを創っていきます。


「代表あいさつ」はこちら「団体概要」はこちら

みらい予想図のミッション
3つの”みらい”

①重症児の笑顔と”みらい”を創る

  • どんなに重い障がいを持っていても地域の中でともに支え合う社会を目指す(幸せな共生)
  • 子どもたちの笑顔が増えるようなたくさんの経験をさせたい(発達支援)
  • 重症児が安心して過ごせるための居場所を創り人財を育てる(人材育成)

 

②家族の笑顔と”みらい”を創る

  • 母・家族の休息の場所になる(レスパイト)
  • きょうだい児や家族みんなの思いに寄り添う(家族支援)

③スタッフの笑顔と”みらい”を創る

  • 子どもたちと共に常に笑顔で前向きに生きる(自己成長)
  • スタッフ、その家族も笑顔で豊かな生活を送る(豊かな生活)

ロゴの由来|いろんな人たちが手をつなぎ繋がれる地域

このロゴは「共生する未来」をイメージしています。

どんな人でも手をつないで生きていける地域を作る。
ここに来たら必ず”つながる”ことができるという場所を作る。

そして、一緒にみんなで支え合える地域社会になるように。

この想いから、地球の周りに地球に住む動物たちもいっしょに仲良く手をつないだロゴが完成しました。

もっと!みらい予想図について